FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-10-22

D21で生理が始まってしまってから13日間、ずーっと生理3,4日目の状態の出血が続きまたまた相談に行ってきました。
体温もずっと迷走していて日ごとにジグザグ状態でした。

先生「脳の指令が迷っちゃってるみたいね・・・」「出血してるけど排卵しそうな卵もあるからAIHするか、強制リセットするかどうする?」

こんな状態でAIHする気にならず強制リセットすることにしました。
13日目から10日間ドオルトンというピルを飲むことになりました。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 不妊
ジャンル : 結婚・家庭生活

???

2006-10-15

前回の受診(10月5日 D18)時に、17MMの卵胞があるからあと5日以内くらいに排卵かなっていわれたのに、D21で生理になってしまいました
今まで日にちが延びる事あっても、短かったのは初めてです。

今月末か11月はじめに引越しもあり、お休みしようと思ってたけどやぱり心配になり受診してきました。

受診の結果、そうとう卵巣の機能が低下してしまっている状態だそうです
今回排卵誘発も使わずおやすみするか、新しい薬を追加してまた卵胞そだてるか。

続きを読む

テーマ : 不妊
ジャンル : 結婚・家庭生活

クロミッドの副作用。

2006-10-05

金曜(9月29日)、日曜日(10月1日)と自己流タイミングをしたんだけど、一向に高温期にならず、前回のように無排卵なのか心配になり、やっぱり受診してきました。
クロミッド飲んだ上、D18目なのにまだ育ち途中で排卵前の状態でした。今回は連休もあるのでLHサージ(おしっこをとってみる検査、治療を始めてから初)をみて自分で排卵のタイミングを見てくださいってことになりました。


そういえば先日、めまいと吐き気が続いた時があり、疲れかな~って思っていた。でもクロミッド飲んでいる日だったので、今日先生に訊ねたところ、クロミッドの仕業だったようです。
仕事中、入力作業で画面をみると視野が狭まりチカチカし吐き気もして、いすに座っているのにふわふわぐるぐるの状態が3日も続きました。うちでも動くと気持ち悪いので旦那に家事をまかせっきりだったです。てっきり風邪の前兆かとおもっていました。
クロミッドを使用するようになってから1年以上たちますが、今回の副作用ははじめてでした。全体の5~10%しかでないまれな副作用だそうです。

たまちゃんの育ちが悪いのもクロミッドが効かなくなってきたのかしら・・排卵までに時間かかりすぎるのも卵子の質が悪いかもなんですよね・・・

こんな副作用の確立に該当するんではなく、妊娠率に該当できたらいいのに・・・

テーマ : 不妊
ジャンル : 結婚・家庭生活

自己流

2006-10-02

今回、排卵チェック時期に担当の先生が夏休みで不在でした。
なんとなく、受診する気にならず、自分で予想してタイミングだけしました。

どうせ受診しても出来ない確率の方が高いし・・・なんて、後ろ向きナ考え。今月待つには引越しも控えているので、忙しいのを言い訳にして、ちょっと病院はさぼっちゃいます。

でも、心の中では、そんな時にやってきてくれるといいなあと、ちょっぴり奇跡を信じながら過ごして行こうと思います。

テーマ : 不妊
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

nanoni

Author:nanoni
36歳
不妊治療5年目。結婚6年目。
共働き→2009年8月より休職中
黄体機能、卵巣機能不全。受精障害。
たま(卵)ちゃんがあかちゃんになるのを願っている毎日です。
2009年3月IVF-ETにて妊娠。2009年12月4日帝王切開にて誕生。

2004年10月~12月 タイミング指導
2005年5月 卵管造影(OK)、子宮鏡(子宮口が非常に狭い)、ホルモン血液検査(高プロラクチン値ぎりぎり)、フーナテスト(OK)
2005年7月~9月 クロミッド+タイミング
2005年10月、12月、2006年5月 クロミッド+AIH
2006年3月、7月 HMG+HCG+AIH
~2006年9月までその他の月は タイミングかクロミッド+タイミング
2006年9月より、生理周期の乱れ、無排卵

2007年3-4月 IVF-ET①回目 陰性 卵子の質の悪さによる受精障害判明(転院先の医師より、過剰な刺激によるものと思われる)


2007年6月転院
2007年7月 ICSI-ET② 陰性 卵子の質は悪くないとの診断。凍結胚盤胞1つ。
2007年10月 ホルモン周期にて胚盤胞移植
2007年11月 初の陽性判定
2007年12月 7Wにて心拍停止 12月8日より出血・・・流産となる。

2008年4月 通院再開
2008年5月 IVF-ET② 新鮮孵化型胚盤胞移植
2008年6月 子宮外妊娠

2008年11月 卵管造影 つまりなし

2009年2月 通院再再開
2009年3月 IVF-ET 胚盤胞移植
2009年4月末 不妊クリニック卒業
2009年5月 産院へ
2009年12月 緊急帝王切開にて出産

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


フリーエリア

カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。