FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お迎え周期でしたが・・・

2007-09-20

9/4 生理3日目。
残っている1つのたまちゃんをお迎えする周期の診察に行ってきました。
採血の結果「FSHが少し高めだけど大丈夫ですよ。今回戻しましょう」ってことで移植周期が始まりました。自然周期で戻す予定で次回13日に受診の予約を入れました。
・・・しかし
翌日仕事の昼休み、旦那から「すぐに電話くれ」のメールがありかけてみると、「お父さんがあぶないみたいだから帰りに病院によって」とのこと。
実は旦那の父は3年前より癌をわずらい、そのこともあって私たちは不妊治療を頑張って早く孫の顔を・・いや、せめて懐妊の報告ぐらいしたいといつも願っておりました。
昨日まで通常どおり仕事していたというお義父さんでしたが、急変して2日後に逝ってしまいました。
もちろん不妊治療どころではなく、この2週間あっというまでした。

もっと積極的にやればよかったかなとか、なんでうちは普通にできないんだろうとか、あらためていろいろ考えさせられます。奇跡って本当にあるんでしょうか・・・
でも、とても温厚で素敵なお義父さんに、いつかご報告ができるよう、また少しづつ不妊治療がんばって行きたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

nanoniさん、こんばんは。
色々大変だったんですね。
なんと言っていいのか。。。お義父さまはきっとnanoniさん夫婦の頑張りを感じ取って下さっていたと思いますよ。
そしてこれからもずっとnanoniさん家族を見守って下さいますよ。
お義父さまのご冥福をお祈りいたします。

私も最近不安な気持ちでいっぱいです。
でも私たちにもきっと奇跡は起こるはず!
そこで諦めてしまったら、奇跡は起きなくなってしまいますよ。一緒に信じてベビちゃんを待ちましょv-352

nakoさんへ

nakoさん大変な時期にご訪問ありがとう。
49日まではバタバタですが、気持ちは落ち着いてきたのでまた頑張ります。
プロフィール

nanoni

Author:nanoni
36歳
不妊治療5年目。結婚6年目。
共働き→2009年8月より休職中
黄体機能、卵巣機能不全。受精障害。
たま(卵)ちゃんがあかちゃんになるのを願っている毎日です。
2009年3月IVF-ETにて妊娠。2009年12月4日帝王切開にて誕生。

2004年10月~12月 タイミング指導
2005年5月 卵管造影(OK)、子宮鏡(子宮口が非常に狭い)、ホルモン血液検査(高プロラクチン値ぎりぎり)、フーナテスト(OK)
2005年7月~9月 クロミッド+タイミング
2005年10月、12月、2006年5月 クロミッド+AIH
2006年3月、7月 HMG+HCG+AIH
~2006年9月までその他の月は タイミングかクロミッド+タイミング
2006年9月より、生理周期の乱れ、無排卵

2007年3-4月 IVF-ET①回目 陰性 卵子の質の悪さによる受精障害判明(転院先の医師より、過剰な刺激によるものと思われる)


2007年6月転院
2007年7月 ICSI-ET② 陰性 卵子の質は悪くないとの診断。凍結胚盤胞1つ。
2007年10月 ホルモン周期にて胚盤胞移植
2007年11月 初の陽性判定
2007年12月 7Wにて心拍停止 12月8日より出血・・・流産となる。

2008年4月 通院再開
2008年5月 IVF-ET② 新鮮孵化型胚盤胞移植
2008年6月 子宮外妊娠

2008年11月 卵管造影 つまりなし

2009年2月 通院再再開
2009年3月 IVF-ET 胚盤胞移植
2009年4月末 不妊クリニック卒業
2009年5月 産院へ
2009年12月 緊急帝王切開にて出産

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


フリーエリア

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。