スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

判定日前

2007-11-10

今日は移植してから12日目。ホルモン周期による移植で高温期に入ってから17日目。よく、ブログなどでお見かけする早期妊娠検査薬を使用すれば結果がはっきりするころでしょうか?でも、うちはやらない事にしました。ダンナ「なるようにしかならねえよ」っていうので・・・
いつもの生理前と同じような症状は、
お腹が食べても食べてもすぐすくぐらい。
ちょっと便秘気味。
いつもと違うことは
胸がはってこない。
体温はおとといに初めて37度を超えました。一日だけですが・・・でも不妊治療はじめてからはじめての37超えです!!


この1週間はプラノバールのみのホルモン補充ですが大丈夫なのかなあ?
子宮の中ではたくさんホルモンで満たされているといいなあ。
判定日はあさってです。だんだん緊張してきましたよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

緊張しますよね。。。
判定までの日々はいつもより長く感じますよね。

判定までの期間、安静にされてました?
仕事は毎日行かれてたんですよね。
私は今年夏休みを取ってないので、
移植後の休養にあてようと思ってたけど、
忙しくて休めないかも。。。移植予定日はお休みを
もらいましたが、連休にするのは無理らしいです。

体温もなかなかいい調子のようですし、
明日の判定、いい結果が出るのを祈っています!

nakoさんへ
移植後1週間は毎日注射のための通院で、仕事も毎日行き、小ダッシュで通ってしまいました。仕事中新しい机の搬入なんかもあり、あまりきにせず動いてました。看護師さんも血流が悪くなるといけないので激しいことをしなければいつもどおりでいた方がいいですよっておっしゃっていました。でも、自転車は乗らないようにしています。まあ、それがよかったかどうかは明日わかりますが・・・
プロフィール

nanoni

Author:nanoni
36歳
不妊治療5年目。結婚6年目。
共働き→2009年8月より休職中
黄体機能、卵巣機能不全。受精障害。
たま(卵)ちゃんがあかちゃんになるのを願っている毎日です。
2009年3月IVF-ETにて妊娠。2009年12月4日帝王切開にて誕生。

2004年10月~12月 タイミング指導
2005年5月 卵管造影(OK)、子宮鏡(子宮口が非常に狭い)、ホルモン血液検査(高プロラクチン値ぎりぎり)、フーナテスト(OK)
2005年7月~9月 クロミッド+タイミング
2005年10月、12月、2006年5月 クロミッド+AIH
2006年3月、7月 HMG+HCG+AIH
~2006年9月までその他の月は タイミングかクロミッド+タイミング
2006年9月より、生理周期の乱れ、無排卵

2007年3-4月 IVF-ET①回目 陰性 卵子の質の悪さによる受精障害判明(転院先の医師より、過剰な刺激によるものと思われる)


2007年6月転院
2007年7月 ICSI-ET② 陰性 卵子の質は悪くないとの診断。凍結胚盤胞1つ。
2007年10月 ホルモン周期にて胚盤胞移植
2007年11月 初の陽性判定
2007年12月 7Wにて心拍停止 12月8日より出血・・・流産となる。

2008年4月 通院再開
2008年5月 IVF-ET② 新鮮孵化型胚盤胞移植
2008年6月 子宮外妊娠

2008年11月 卵管造影 つまりなし

2009年2月 通院再再開
2009年3月 IVF-ET 胚盤胞移植
2009年4月末 不妊クリニック卒業
2009年5月 産院へ
2009年12月 緊急帝王切開にて出産

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


フリーエリア

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。