FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3度目の判定日

2007-11-12

相変わらず、特に症状はなく今朝は体温もなんとか2回測って36.85、採血があるので10時半に行き11時予約でした。
ただでさえ異常な緊張感の中、11時半になっても呼ばれず、緊張感の震えもでてきたころやっと呼ばれました。
足ががくがくなまま診察室へ入りました。
「着床の値は出てるわよ。ただ、維持するホルモンがまた下がっちゃったから7週目位をむかえられるまではまた注射ね。がんばって通ってね」と。
へっいつもだめで次はどうするって話しかしたことのない私にとって、人生初の着床、頭の中が真っ白になってしまいました。
改めてDrに紙に数値を書いてもらったのですが、

11月3日(移植後5日目)
βHCG 10.14
P4 22

11月12日(移植後14日目)
βHCG 681
P4 0.55

P4は10位ないと出血の原因にもなるそうで、注射をうけた直後は22もあったのに、先週1週間ですっかり下がってしまったそうです。
今日はエコーもなく、来週採血とエコーで胎嚢がみえればいいそうです。今日までの2週間とってもながくかんじたのに、これから毎週ドキドキです。なんとか子宮の中にいてくれますように・・・お願いします☆☆☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

nanoniさん!着床おめでとうございます~!
今日1日本当にドキドキしながら祈ってました!
今までの頑張りが実を結びましたね!
まだまだお注射の日が続くとのことですが、
これもたまちゃんの為!と思えば頑張れますね!
わ~!本当に私もうれしいです。
引き続き、身体を温めながら無理のない生活をして下さいね!

nakoさんへ
いまだ体調になんの変化もなく、現実なのか夢なのか不思議な気分です。毎日通うのが大変ですがたまちゃんと一緒なのでがんばります!!
プロフィール

nanoni

Author:nanoni
36歳
不妊治療5年目。結婚6年目。
共働き→2009年8月より休職中
黄体機能、卵巣機能不全。受精障害。
たま(卵)ちゃんがあかちゃんになるのを願っている毎日です。
2009年3月IVF-ETにて妊娠。2009年12月4日帝王切開にて誕生。

2004年10月~12月 タイミング指導
2005年5月 卵管造影(OK)、子宮鏡(子宮口が非常に狭い)、ホルモン血液検査(高プロラクチン値ぎりぎり)、フーナテスト(OK)
2005年7月~9月 クロミッド+タイミング
2005年10月、12月、2006年5月 クロミッド+AIH
2006年3月、7月 HMG+HCG+AIH
~2006年9月までその他の月は タイミングかクロミッド+タイミング
2006年9月より、生理周期の乱れ、無排卵

2007年3-4月 IVF-ET①回目 陰性 卵子の質の悪さによる受精障害判明(転院先の医師より、過剰な刺激によるものと思われる)


2007年6月転院
2007年7月 ICSI-ET② 陰性 卵子の質は悪くないとの診断。凍結胚盤胞1つ。
2007年10月 ホルモン周期にて胚盤胞移植
2007年11月 初の陽性判定
2007年12月 7Wにて心拍停止 12月8日より出血・・・流産となる。

2008年4月 通院再開
2008年5月 IVF-ET② 新鮮孵化型胚盤胞移植
2008年6月 子宮外妊娠

2008年11月 卵管造影 つまりなし

2009年2月 通院再再開
2009年3月 IVF-ET 胚盤胞移植
2009年4月末 不妊クリニック卒業
2009年5月 産院へ
2009年12月 緊急帝王切開にて出産

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


フリーエリア

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。